HOME
医院紹介
診療内容
院長室
ご予約
よくあるご質問
幼少期篇
大人篇
歯並び篇
その他
関連リンク
アクセスマップ
お問い合わせ
HOME > よくあるご質問 > 大人篇
大人篇
Q1: 妊娠している時に歯の治療を受けられますか?
A1: 基本的には妊娠中でも歯の治療は受けられますが、治療をする場合は妊娠5〜7カ月の安定した中期が適しています。流産の危険性がある妊娠初期、治療中の姿勢や治療時間などに制約の加わる妊娠後期は避けた方が無難です。
 妊娠中期でもレントゲンの撮影には充分注意する必要があります。エックス線被爆の影響は、組織分化が未熟な胎児ほど強いとされています。一方、局所麻酔薬も含めて、歯科で用いる薬剤が体内で代謝される際に、胎盤を通して胎児に取り込まれる心配はほとんどありません。しかし、あくまでも妊婦ですから、緊急性の高い治療を中心に行い、薬剤の使用も最小限とした方がよいでしょう。
 受診される場合、妊娠されていることとその時期を告げていただければ、必要によって産婦人科医と連絡をとりながら、その後の治療に充分な配慮をします。
Q2: 口内炎ができましたが・・・
A2: 口内炎は歯科で受診できます。頻繁にできたり、症状がひどいときには他の病気の可能性もありますので、気になるときは早めに受診してください。早く治すには刺激のある食べ物を避け、口の中を清潔にすることが必要です。
Q3: 知覚過敏とは?
A3: 知覚過敏とは、歯を強く横磨きして歯が削れたり、歯周病や加齢のために歯茎が後退して象牙質が露出し、そこに冷たいものや温かいものなどの刺激によってしみることをいいます。よく歯を磨いて清潔にすることが大切ですが、強く磨き過ぎないように気をつけましょう。また、むし歯が原因でしみていることもあるので、一度、歯科医院にて受診することをお勧めいたします。
Q4: 義歯安定剤について教えてください。
A4: 義歯安定剤にはパウダー、ペースト、ソフトライナーなどの種類があります。基本的にはペーストタイプの義歯安定剤をお勧めしています。ソフトライナータイプは乾燥すると剥がすのが困難になりますので注意してください。しかし義歯は調整をすれば安定剤が必要ないこともありますので、まず、歯科医院にて受診してみてください。また、どうしても義歯安定剤を使うときには、歯科医師に相談の上、お使いになることをお勧めします。