HOME
医院紹介
診療内容
院長室
ご予約
よくあるご質問
幼少期篇
大人篇
歯並び篇
その他
関連リンク
アクセスマップ
お問い合わせ

HOME > よくあるご質問 > 幼少期篇

幼少期篇

Q1: むし歯は子どもにうつるのでしょうか?
A1: むし歯や歯周病は、生 活習慣病の一つであり、様々な因子がその発生や進行に関与します。基本的には細菌による感染症なので子どもにうつります。正確に言うと、口の中の細菌叢 (同じ細菌の固まりの種類)が移ると考えてください。
 赤ちゃんは無菌状態で産まれてきて、その後ヒトに棲む様々な常在菌に感染し、共生するようになります。むし歯の原因菌も口腔常在菌の一種で、その口腔へ の定着には歯が充分生えていることが必要であり、乳幼児期の前半に感染するのが一般的と考えられます。離乳食や幼児食の初期に、スプーンやお箸の併用や、 食物を口移しで与える機会があることによるのかもしれません。
 むし歯のなり易さは、甘いものを好むことや歯周囲の汚れが持続する他に、口腔に棲んでいる原因菌のタイプと量にも関連すると考えられます。お母様がご自 身の口の中をきれいにして、病原性の弱い細菌と共存しその数を減らしておくことが、乳幼児期のお子様のむし歯予防に大いに役立ちます。
Q2: フッ素は効果がありますか?
A2: 歯の表面に取り込まれ たフッ素は、歯の結晶性をさらに向上させます。また、初期のむし歯となった部分(脱灰と言います)の再石灰化を促します。したがってフッ素は、歯が生えた 後2,3年以内の歯質が未熟な時期に最も効果的であり、むし歯にかかる割合を20〜40%減少させると報告されています。また、乳歯は永久歯より結晶性が 劣るため、フッ素の効果は永久歯よりむしろ高くなります。

フッ素を歯に取り入れるには、いくつかの方法があります。
  1. 歯科医院や保健所で年に数回歯に直接塗布してもらう
  2. 歯科医院でトレー法や、イオン導入法を行う
  3. フッ素の含まれる洗口剤でうがいをする
  4. フッ素含有歯磨剤を毎食後の歯ブラシ時に使う

 当院では、年齢に応じて上記の1.2.の方法で実施しています。歯にフッ素を処理する際には、まず歯ブラシができていないといけません。
Q3: シーラント(予防填塞)というものをすると、むし歯予防になると聞きましたが・・・
A3: 臼歯咬合面の窪みや溝 (小窩裂溝といいます)の部分は、最もむし歯が発生しやすい場所の一つです。小窩裂溝の底部は歯垢が溜まりやすく清掃が難しい部位にもかかわらず、フッ素 を塗布しても、その効果は歯のつるつるした面(平滑面)よりもかなり劣ります。そこで、小窩裂溝をあらかじめ埋めて封鎖(シール)し、歯垢が溜まりにくい よう形態修正するのがシーラントといいます。萌出後成熟の不十分な、生えてから2,3年以内の乳臼歯や大臼歯が適応です。
 シーラントは歯に接着するレジンという材料を用いて行うことが多く、きちんと歯質に接着させるためには、薬剤によって歯面を処理後、十分乾燥した状態で 小窩裂溝を覆うように塗布する必要があります。防湿が不完全ですとシーラントが部分的に剥がれやすく、剥がれると逆に、嫌気性細菌であるむし歯病原菌に とって非常に棲みやすい状態となります。したがって、シーラントは、治療に子どもの協力が得られ、しっかりと防湿ができるようになってから行うべきです。 個人差はありますが、3,4歳から適用可能となります。

Q4: ぶつけた後、乳歯が黒ずんできましたが・・・
A4: 歯をぶつけた後、色が 変わってくるのは、歯の神経(歯髄といいます)が変性したことをあらわします。ただし、ぶつけた直後と2,3カ月以降におこる変色では意味合いが異なりま す。ぶつけた直後の淡い変色は、いわば歯髄の内出血と考えてよく、多くの場合自然に消退していきます。重要なのは、2,3カ月以降に灰褐色の着色が起こっ てくるかどうかです。つまりそれは神経(歯髄)が死んでしまったことをいみします。神経が死んでもそのまま生きた歯と変わらずに使える場合もありますが、 不幸にして感染を起こして根尖周囲の歯肉が赤く腫れ膿をもこともあります。その際は根の治療が必要になります。
 失活の診断には、現在のところ、歯に微弱な電流を流してその反応の有無により判定する方法(電気的歯髄診)が最も用いられますが歯の根が成長途中だった りすると正確に診断できないこともあります。また、乳前歯は6,7歳に交換しますので、失活してもすぐに根の治療(感染根管治療)をするわけではありませ ん。症状が著しい場合には、直下にある後継永久歯へ影響を及ばせないために、あえて乳歯を抜去することもあります。

Q5: 上唇の裏側の長い筋は、手術してとった方がいいと聞きましたが・・・
A5: 上唇の裏側の長い筋 は、口腔粘膜の一部が歯肉に付着するひだであり、上唇小帯と呼ばれます。乳児期の上唇小帯は比較的に太く、上の前歯が萌出した頃に、真ん中の歯と歯の間の 歯肉まで付着部位が伸びていることがあります。しかし乳幼児以降発育をするに従って上唇小帯の付着部位は徐々に上がって歯から離れていくのが一般的です。
 3歳児歯科健診の際、上の真ん中の前歯に空隙(正中離開)があり、かつその近くまで上唇小帯が伸びている場合に手術を勧められることもあります。手術の 必要の有無は専門医に診てもらい判断することをお勧めします。

Q6: 子供が歯磨きを嫌うのですが・・・
A6: 絵本や子供向けのテレ ビ番組などで遊びながら歯磨きの習慣をつけるように心がけるといいと思います。お子さんが小さいうちはお母さんが仕上げの歯磨きをする必要がありますが、 その際、気をつけることは上唇の裏にある筋(上唇小帯)を指でガードしてあげてください。そして、痛くない歯磨きを心がけてください。また、お子さんの口 のサイズに合った歯ブラシを使い、強く磨きすぎないことも大切です。