HOME
医院紹介
診療内容
院長室
ご予約
よくあるご質問
幼少期篇
大人篇
歯並び篇
その他
関連リンク
アクセスマップ
お問い合わせ
HOME > よくあるご質問 > 歯並び篇
歯並び篇
Q1: おしゃぶりや指しゃぶりは歯並びに悪い影響がありますか・・・
A1: 最近いろいろなおしゃぶりが出てきています。おしゃぶりの長期使用は好ましいことではありません。乳歯の奥歯が出てきたらおしゃぶりの使用を止めるようにしましょう。同様に指しゃぶりも3,4歳過ぎて続けていると、歯列形態に特異的な変化が認められ、発音にも影響しかねません。上あごの切歯が少し前に出て本来U字型の歯列弓がV字型となったり、上下切歯がかみ合わず隙間ができてきたりします(開咬という)。ただし、4歳頃までに指しゃぶりをやめれば、形態の異常が自然に治ることも報告されています。
 指しゃぶりは、子どもの心と体の発達において、通過しなければならない道の一つと考えられています。子どもにとって精神的な満足を得る手段を増やしたり、外遊びなどを通じて社会性を豊かにすることにより、3歳ぐらいまでには指しゃぶりを卒業するのが好ましいといえます。3歳を過ぎても指しゃぶりが止められないのは精神的なストレスが原因の場合が多いといわれています。時間をかけて原因を理解し解消していけるようにしていきましょう。いずれにしても、指しゃぶりは無意識下で反復する運動の習癖です。そのことを子供に分かってもらうことは極めて難しいことです。時間をかけて治療していくことが重要です。
Q2: 前歯のでこぼこや重なりが気になります(乱杭歯)・・・叢生
A2: 歯がでこぼこに並んでいたり、重なっている状態を叢生といいます。切歯交換期の叢生は、上下顎咬合関係にほぼ問題がなければ、すぐに本格的な治療は開始しません。発育の過程で補正機構が働くよう歯の交換を誘導しながら、永久歯列期を待って治療の必要性を判断します。ただし、上下の切歯が入り組んで噛み合うことにより、下顎の自由な咀嚼運動が阻害されたり、個々の歯の歯周組織に悪影響を与えている場合は早期治療の対象となります。
 叢生の治療では、歯列全体の長さと、個々の歯の幅を足した長さとの差(トータルディスクレパンシーといいます)がポイントとなります。ディスクレパンシーが僅かであれば、歯列を多少拡大しながら、歯列弓形態の歪みを治して個々の歯の位置を修正します。一方、ディスクレパンシーが大きい例では、第一小臼歯などを抜去して生じた空隙を利用し、歯列全体を再配列する方法がよくとられます。当院では、出来るだけ歯を抜かない矯正を心がけています。
Q3: 上の前歯が出ていています。唇を自然に閉じられません・・・上顎前突
A3: 俗に言う「出っ歯」です。下顎歯列に対して上顎歯列が前方に突出している噛み合わせを上顎前突といいます。しかし、上顎骨そのものが突出している場合と、下顎が後方に引っ込んでいる場合があります。骨格的なものを疑う症例は上・下顎の位置関係を分析する必要が出てくることがあります。上顎の前歯が唇側へ傾斜しているだけの軽度な症例もあります。
いずれの症例にしても口元が不自然になるなど、子ども自身への心理的影響も大きく、早期の治療を考慮すべき咬合異常の一つです。
 上顎前突の成り立ちには顔かたちの遺伝的要因に加え、幼児期の長く続いた指しゃぶり、その後の唇を噛む癖(咬唇癖=こうしんへき)、口呼吸などが関連します。口腔内外の要因を考慮しながら治療方針を決めることになります。
 混合歯列期での治療は、身長の伸びが著しくなり始める小学校の高学年頃に行うと効果的です。身長の伸びと下顎の成長は一致することが多いので、その時期に装置を使い下顎の成長を促すとよいといわれています。
Q4: 受け口なのですが、いつ頃矯正治療を始めたらいいのでしょうか?・・・下顎前突
A4: 受け口すなわち反対咬合は大きく分けて、上下顎の前後的大きさの違い(上顎の劣成長ないし下顎の過成長)が主な原因である骨格的な反対咬合、前歯の軸の傾き(切歯歯軸傾斜)による反対咬合に分類されます。両者の要因が混在することが多いのですが、治療は、骨格性は難しく、機能性は比較的容易といえます。
 骨格性要因の強い反対咬合は、乳歯列期から治療した方が咬合の改善が容易となります。チンキャップと呼ばれる口腔外に装着する装置などにより、1,2年かけて下顎の成長方向と量をコントロールします。
一方、主に前歯の傾斜からなる反対咬合では、上下永久歯の前歯が噛み合った時点で、前歯の軸傾斜や下顎の前突を取り外しの入れ歯のような装置や歯に直接接着させる装置で改善を図ることが出来ます。
 ここで大切なことは骨格的な反対咬合は、15〜18歳を過ぎて下顎の成長が終わってしまうと矯正で治すことが無理になるということです。その際は外科的な治療に頼らざるを得なくなります。外科的治療は、保険が効きますが、入院し全身麻酔の手術になりますので必ずしも費用的に安くあがるとはいえません。何よりも手術の精神的な負担、入院で仕事を休むデメリット、急激に顔貌が変わることの抵抗、噛めるようになるまでのリハビリの負担、後戻の可能性等々を考えると、外科的な対応よりも早いうちの矯正をお勧めします。
いずれにしても、早期に専門医に診察を受けることをお勧めします。