HOME
医院紹介
院長より
設備案内
高齢者・障害者対応
小さなお子様をお連れの方々へ
診療内容
院長室
ご予約
よくあるご質問
関連リンク
アクセスマップ
お問い合わせ

HOME > 医院紹介 > 院長より

院長より

院長からのご挨拶


  いかに充実した食生活を過ごすかは、人間が生きていく上でとても大切なテーマです。8020運動という言葉をお聞きになったことはありますか?80歳に 20本の歯を残していこうという運動です。20本の歯があれば何でも食べることができます。しかし80歳に20本の歯を残すことは一朝一夕にできることで はありません。
 実は、80歳で20本の歯を残すことは赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときから始まっているのです。歯が生え始めてからの歯の管理、食事の仕方、む し歯・歯周病のこと、成人して社会にでて多くの方と接するようになってからのお口に関わる様々な問題、高齢になってからの食事の食べ方の工夫…。私たちは いろいろな角度や、年齢から食べることを考えて、より質の高い歯科医療を目指していきたいと思っています。そして楽しく食べる、おいしく食べる、上手に食 べる、そしてより美しく人生を生きる…スタッフ一同少しでもそのお手伝いをしていきたいと考えています。





院長プロフィール
経歴

昭和31年(1956年)5月21日 千葉市幕張町生まれ

昭和56年(1981年)3月
日本大学歯学部卒 業
職歴

中央鉄道病院口腔外科勤務
浜松鉄道病院勤務・浜松医科大学口腔外科在籍の後
昭和61年(1986年)習志野市に砂川歯科袖ヶ浦医院を開院現在に至る
趣味

野球(ロッテとヤクルトのファンです)、旅行、将棋
ボランティア(主に青少年の支援・視覚障害者への支援・日本盲導犬協会支援をしています)
役職

千葉県歯科医師連盟会長
前日本歯科医師連盟副理事長
習志野市袖ヶ浦西小学校校医
千葉幕張メッセライオンズクラブ元会長    等を務めています。

所属学会

日本顎関節症学会
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
口鼻臭臨床研究シンポジウム









スタッフ紹介


――――――――――――――
takase
高瀬保晶
昭和54年 東京歯科大学卒業
平成25年 砂川歯科袖ヶ浦医院勤務
       副院長

――――――――――――――
takashi_sunakawa
砂川 孝
昭和50年 日本大学歯学部卒業
昭和58年 砂川歯科高洲医院開業

――――――――――――――
test
 



歯や歯周組織の状 態に合わせた歯ブラシなどの選択や使い方、歯石除去や歯のクリーニングなどの口腔ケアについて国家資格を持つ4名の歯科衛生士が担当します。